薬局M&A情報

薬サポ

全国を駆け巡る薬剤師が提供する調剤報酬改定 | M&A譲渡 | 承継 | 独立 | 転職 | 薬の情報をまとめたサイトです。

最近話題!薬の現金問屋ってなに?なにしてるの?

こんにちは、管理人のシーロです。

最近話題の偽薬ハーボニーですが、話の発端は「現金問屋」からの仕入れと噂されていますよね。でも、「現金問屋」ってみなさん知ってますか?一般の方はもちろん、医療関係の仕事をしている人でもはっきり答えられる人はいないのではないでしょうか。私もそこで働いていたわけではないので、実際に見た話ではないのですが、薬局現場経験から知り得た情報を共有したいと思います。

f:id:applexjuice929:20170424235521j:plain

現金問屋ってなに!?

いろんな方法で薬を安く仕入れ、医療機関へ納品し、そのフィーを稼ぐ業者。仕入れの方法は医療機関(薬局を含む)での「期限が切迫した薬剤」を安く仕入れることが多いのではないでしょうか。本来捨てることになる薬剤を譲ってもらうことが多いため、薬価の半分以下の価格でのやり取りもあるそうです。その薬剤をメジャーな卸業者(アルフレッサ、メディセオ、スズケン、東邦など)を介さず、ものすごい安く医療機関へ提供するため、医療機関も喜ぶという構造になっているのです。

え!?なんか不安じゃない?

上の記事を見た人は思うかもしれません。服用する患者さんにして見たら、すごく不安なやり取りじゃない?むしろ、怖い。そうなんです。実はこのようなやり取りが医療業界では起こっているのです。国もその点には気付き始めており、今後対策や法の整備が検討されているのです。ちなみに、以上の観点から正規なルートで薬剤購入を表明している薬局企業もちゃんとあるので、下の方に紹介しておきます。

現金問屋ってどこも使ってるの?

管理人はたっくさんの薬局さんと面会してきました。その中での見解を言いますと、全く使ってない薬局もたくさんあります。逆に日常的に使ってる薬局さんもたくさんあるのです。中小規模の薬局さんが使ってる印象があります。実は現金問屋は昔から存在し、昔ながらの薬局にはごく当たり前の存在なのです。ですので、全国には無数の現金問屋があると言われており、私も検討がつかないくらいです。お時間のある方はインターネットで調べて見てください。無数い出てきますよ。

総合メディカル

当社グループでの医療用医薬品の仕入先について| 新着情報 | 総合メディカル株式会社